菊水連の歴史

菊水連は昭和39年に新高円寺の商店街「ルック商店街」の連として結成しました。

50周年を迎えた平成25年に本場徳島の有名連「徳島県阿波踊り協会所属 菊水連」

と本格的な交流をスタートし、今まで1年に4~5回徳島でご指導いただきました。

 

55周年を迎える平成30年の舞台から伝統ある徳島の菊水連の笛のメロディをである

「雛菊囃子」を使わせていただく事になりました。

◆歴史
昭和39年8月 ルック商店街の連として設立
初代連長 (昭和39年~昭和42年)    4年  山﨑 清
二代目連長(昭和43年)          1年  宗方
三代目連長(昭和44年~昭和47年)       4年 熊木一郎
四代目連長(昭和48年~昭和49年)        2年 杉山
五代目連長(昭和50年~平成4年)    18年 中村哲男(元連協会会長)
六代目連長(平成5年~平成20年)       16年 浅賀信夫(現会長)
七代目連長(平成21年~平成22年)    2年 山﨑 毅
八代目連長(平成23年~現在)       8年 安住一成(現連長)

Scroll Down

Scroll Down